今からでも遅くない!フリーターでも資格試験で一発逆転ができる。

 

手堅い仕事として人気の司法書士ですが、司法書士と聞いても、具体的な仕事内容や業務内容が分からないという人も多いと思います。
司法書士を取得して働いた場合には、実際にどういった業務を行うかをご紹介します。

 

 

司法書士とは

 

司法書士法に基づき登記・供託手続き、裁判所・法務局・検察庁等に提出する書類の作成や成年後見人等の財産管理業務を専門に行う国家資格になります。

 

司法書士法に基づく登記や供託手続きは主に

 

  • 不動産登記
  • 会社、法人等商業登記
  • 動産・債権譲渡登記
  • 船舶登記

 

などがあり、成年後見人等の財産管理業務については主に

 

  • 成年後見人の管理
  • 相続財産管理人
  • 不在者財産管理人
  • 遺言執行者等の財産管理業務

 

などがあります。

 

その他140万円以内の民事紛争(金銭トラブル)の裁判外の和解代理業務も行えます。
この部分については、最近では140万円以下の消費者金融からの借り入れに関する過払い金請求業務が多くなっています。

 

裁判を伴う紛争などの弁護人としての業務は、司法書士ではなく弁護士でないと行えない決まりになっています。

 

司法書士の仕事のやりがいについてはこちら

 

 

司法書士の主な日常業務は勤務先によって変わる

仕事中

司法書士の資格を取ったら、どこかの司法書士事務所等に就職をします。

 

勤務先の事務所によって、司法書士業務全般を行うケースもあれば、一部の業務に特化したケースもあります。

 

司法書士の資格があれば、上記で説明した様々な業務を行う事が可能ですが、大きい司法書士事務所では、それぞれの分野に専任の司法書士を配置して、業務を分担しているケースもあります。

 

代表的な事例を紹介すると

 

不動産登記

主に不動産会社と提携している場合に、不動産登記業務が中心の事務所があります。

自動車の各種変更手続き

陸運局などに隣接している事務所では、自動車の名義変更や継続検査など各種手続きや書類作成を専門にしています。

消費者金融の過払い金請求

広告活動などで、過去にグレーゾーン金利で借り入れを行っていた人の過払い金請求に特化して集客しているケースがあります。

債務整理

金融法の改正により、最近増えてきている司法書士の仕事です。任意整理や債務相談を中心に行っている事務所が近年増加傾向にあります。(任意整理や借金解決のご相談はこちら。)

会社、法人等商業登記

税理士事務所を併設している場合や、提携している場合に各種法人登記業務が中心になる場合があります。

 

 

 

 

司法書士の仕事の一日の流れ

 

勤務する司法書士事務所や、主に扱う業務によって大きく変わってきます。

 

従来から比重が大きいと言われている、不動産登記や法人登記の仕事に関しては、新規客だけではなく、さまざまな紹介ルートを持っている事が多く、日中は、客や提携業者との打合せに追われる事も多く、その他各種役所などへの届出業務などを行います。

 

不動産登記業務の場合は、不動産取引の立会いに追われる事も多く、日中はほとんど外回りになるケースも珍しくありません。
日中に仕事が詰まる忙しい司法書士事務所の場合は、夜になって、各種書類作成や、顧客へのメール対応などの事務処理に追われて夜遅くまで仕事をする事もよくあります。

過払い金請求や、債務整理が多い場合は、事務所で電話対応や、お客に来てもらっての打合せ・相談業務などを中心に行い、消費者金融などとのやり取りを電話や書面でやり取りする事が多いです。

こういった個人向けの業務を中心にやっている場合も、日中は来客対応や、無料相談会の実施など、電話業務で追われる事が多く夜になってから各種書類作成などの事務処理をこなしている事が多いです。

 

 

新人は勉強にも追われる

勉強

司法書士は国家試験に合格しないとなる事ができません。

 

最低限必要な法律の基礎知識等は試験勉強で身につける事ができますが、実際に業務に携わるには、その他にも勉強をしないといけない事がたくさんあります。

 

また、例え最初のうちは一つのジャンルに特化した業務だったとしても、一通りの仕事を最低限こなせるようにならなければ1人前の司法書士とは呼べません。まずは、与えられた業務をこなしながら勉強していくのと同時に、仕事のスキマ時間や業務外の時間にその他の業務を身につける為の勉強をしていかなければいけません。