司法書士は弁護士に比べて法律業務の制限があり、業務内容が限定されています。

弁護士との違い

 

クエスチョン

 

司法書士と弁護士は同じ法律の専門家というカテゴリーになりますが、その違いをご存知でしょうか?

 

弁護士と司法書士の違いは、分かりやすく言ってしまえば、弁護士は法律業務に制限がなく、司法書士は弁護士にはできて司法書士にはできない制限がかかっている業務があります。

 

 

司法書士ができない業務の一例

  • 140万円を超える民事事件(地方裁判所)
  • 控訴審(高等裁判所・地方裁判所)、上告審(最高裁判所・高等裁判所)
  • 破産・民事再生等の申立て(地方裁判所)
  • 強制執行(地方裁判所)
  • 家事事件(家庭裁判所)
  • 行政事件
  • 刑事事件

 

 

 

弁護士と司法書士で枝分かれする主な業務内容

極論を言ってしまえば、弁護士は司法書士にできる仕事は全て行う事ができます

 

しかし、不動産登記など司法書士が得意にしている弁護士はほとんどいなく、弁護士には弁護士しかできないような内容が大きい民事訴訟と刑事訴訟や任意整理等では対応しきれない破産・民事再生などの債務トラブルを中心に行っています。

 

司法書士が得意としている業務に関しては、弁護士に依頼するよりも料金が安いだけではなく、司法書士の方がその分野に関しては、ノウハウが多いケースも多く、法律相談や各種手続きの内容によって、業務は司法書士と弁護士、更に範囲を広げると行政書士・弁理士などと業務が枝分かれしている傾向があります。

 

 

 

司法書士はやりがいが高く、やりやすい仕事が多い

弁護士の場合は依頼があれば、殺人事件の被告人(加害者側)や、金銭トラブルなどで本来は明らかに落ち度がある人を、常識的に考えれば、詐欺や横領行為などをやっていても、法的証拠不十分などを訴え、無罪や、支払い義務が無い事を訴えたりします。

 

この他にも、泥沼化した離婚裁判や、首を吊る寸前にまで追い込まれた人の借金相談など、大変な仕事や、理想で描いていた正義とは違った仕事も多いのが現状です。

 

それに対して、司法書士の主な業務は、140万円以内の民事事件や、不動産登記業務・任意整理や過払い金請求などの仕事が中心になっています。

 

比較的やりやすく、お客からの感謝の気持ちや信頼によって継続した付き合いができるなど、やりがいもあり、正義感を強く持って取り組める仕事として人気が高くなっています