「司法書士 オートマチックシステムシリーズ」は全11巻シリーズで、とても人気の高い書籍です。

司法書士の勉強におすすめの本

 

司法書士の勉強に役立つ書籍

 

司法書士の独学に向いたテキスト「司法書士 オートマチックシステムシリーズ」山本浩司著

オートマチックシステムは司法書士のテキストとしてとても人気の高い書籍です。
オートマチックシステムは全11巻シリーズの参考書で、内容が講義形式になっており、理解しやすいような工夫をされた構成になっています。わかりやすい事例などで説明されているので、司法書士の勉強を始めたばかりの方におすすめです。

 

 

司法書士試験の膨大な範囲をカバー「司法書士スタンダード合格テキスト」司法書士スタンダードシステム

司法書士の勉強を始めた初心者から上級者まで安心感と満足感を得られるテキストです。

 

全11巻となっており、それぞれ民法・不動産登記法・商法・会社法・商業登記法・民法訴訟法・民法執行法・民事保全法・供託法・司法書士法・刑法・憲法に分かれています。

 

法律論点をわかりやすく学習できるレイアウトがされていたり、学習に必要な条例が掲載されているので、いちいち六法全書で探す手間隙もありません。

 

 

記述式の勉強におすすめ「うかる!司法書士記述式対策シリーズ」蛭町浩著

司法書士の「書式の達人」と言われる伊藤塾の蛭町浩さんの講義を再現したテキストです。
記述式の問題の対策にぴったりのテキストです。
記述問題の解き方をじっくり固めたい司法書士の勉強を始めた方におすすめの書籍です。

 

 

おすすめ過去問題集「司法書士試験 合格ゾーンシリーズ」

このシリーズは他の過去問題集よりも問題量がたくさんあるので、過去問題集としてはとても優秀であるといえます。
昭和57年から現在までの本試験問題が収録されています。

 

しかし、年々改正されている法律に対応していたり、きちんと回答にその理由や判例なども解説されているので、単なる問題集ではなく、きちんと復習する事が出来ます。